全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

お役立ち情報

カーコーティングならジャバへ 詳しくはこちら

車の下回りに防錆コーティングは必要?料金の相場は?

更新日:2022.05.30

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

車のボディケアにガラスコーティングを施す人が増えてきました。
でも、意外に知られていないのが下回りの防錆コーティング。
ボディはピカピカでも下回りがボロボロ、では愛車の価値も下がってしまいます。
車の下回りに防錆コーティングが必要な理由や料金相場について解説します。

[toc]

錆が発生しやすい車の下回り

車の下回りはさまざまなパーツが露出しています。
ボディフレームにホーシング、サスペンションやマフラー、燃料タンクなど。
新車の状態ではシャーシブラックでアンダーコートされています。
下回りのパーツは鋳造製が多いので、アンダーコートで錆止めをしているわけですね。

でも、シャーシブラックは単なる塗装剤。
さまざまな原因で塗装は剥げてしまいます。

たとえば砂利道で小石が跳ねたり、海岸線を走って潮風にさらされたり。
雪道を走って融雪剤が付着したり、雨に含まれる酸性成分が影響したり。
シャーシブラックが剥げてしまうと鋳造パーツは途端に錆びやすくなります。

防錆コーティングが必要なのは、この錆から下回りを守ること。
多少の錆であれば走行に問題はありません。
しかし錆が進んで腐食が進むと鉄が脆くなり、走行に支障が出ます。
とくにサイドメンバーやルームフロアパネルなどモノコック部分が腐食すると大変。
ボディ強度に影響が出るので車検も通らなくなる恐れがあります。

マフラーの錆程度であれば交換費用は比較的安く抑えることができます。
しかしモノコックフレームに錆が出ると修理費は高くなり、しかも車の査定価格が下がります。
愛車を長持ちさせたいのであれば、ボディだけでなく下回りもコーティングしましょう。

アンダーコートをDIYでするのは困難

防錆用のアンダーコートには市販品もあります。
スプレー式もあるので、DIYで作業できそうな気がしてきますね。

でも、設備や機材が整っていて、下回りの知識や修理経験のある人以外はおすすめできません。
下回りをスプレーでアンダーコートするためには、車のリフトアップが必要です。
一般的なジャッキアップ程度では下回りを満足に見ることができません。

それから下回りの清掃。
アンダーコートを塗装する前に下回りの汚れをしっかり落とさないと効果がありません。
とくに錆が発生している部分は錆落としが必要です。
錆の上からアンダーコートを塗っても内部で錆が広がり、塗装面を侵食してしまうからです。

下回りのパーツは面積が広いので、清掃だけでも手間がかかります。
また全体的に塗装すればいいわけではなく、各パーツごとに塗装しなければなりません。
各パーツのマスキングなど、すべきことは山ほどあります。
これらの手間を考えたら専門業者に任せた方が賢明ですね。

防錆コーティングを専門業者に任せるメリット

防錆コーティングを専門業者に任せるメリットはいろいろあります。

まず下回りの洗浄。
リフトアップや高圧洗浄機などの設備が整っているので徹底した清掃を行ってくれます。
次に防錆コーティング溶剤。
下回りはボディと違って厚塗りしなければなりません。
DIYでは溶剤確保に費用がかさんでしまいます。
その点、専門業者は大量仕入れしているので量が多くても安く済ませることができるのです。

それから塗装技術。
下回りにはゴムパーツのブーツ類など塗装の不必要なところがあります。

これらをマスキングしたりして必要な部分だけを均一に塗装するのが専門業者の技術。
専門業者によっては施工時間がわずか1時間程度というところもあります。
これなら専門業者へ車を持ち込んでも、その日のうちに帰れますね。

防錆コーティングの専門業者を選ぶコツ

下回りを防錆コーティングする必要性は理解できても、気になるのはその料金。
じつはその相場、意外と幅が広いのです。
というのも、専門業者はディーラーからカーショップ、整備工場など多種多彩。
加えて、それぞれオリジナルの溶剤や技術を持っているため、価格差が大きいのです。

ただし、一般的に言えるのはディーラーは全般的にやや高値傾向ということ。
またディーラーによっては新車の段階のみ、施工を受け付けるというところもあります。

その点、カーショップや整備工場などの専門業者は価格競争があるのでやや低め。
安いところでは15,000円〜、高いところでも50,000円〜が相場となっています。

また新車以外でも受け付けてくれるのが嬉しいポイント。
しかし、これだけ価格差や内容に違いがあると、どこへ依頼していいか迷ってしまいますね。
したがって、依頼する時は最初から1業者に絞らず、いくつかの業者を検討しましょう。
各業者を回って見積もりを取れば価格比較ができます。

その際、下回りの清掃や防錆コーティングの方法を聞いておくのも選択基準のひとつ。
丁寧に解説してくれるところであれば信頼度が高くなりますね。

なお、料金は下回りの面積でも変わってきます。
軽自動車よりフルサイズミニバンの方が当然、高くなります。
安心できる専門業者を選び、防錆コーティングをして愛車の価値をさらに高めましょう。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

スタッフ

田島和明(東大阪外環店 施工技術マネージャー)

一口にコーティングと言っても、運転頻度や駐車環境などによって『最適なコーティング』は異なります。
お車一台一台の状態に合わせて下処理を施し、施工後の環境も含め、お客様のカーライフに最適なコーティングを施工させて頂きます。

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報