全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

お役立ち情報

  • home>
  • お役立ち情報 > 車がオーバーヒートする原因とは?対処法もチェック

カーコーティングならジャバへ 詳しくはこちら

車がオーバーヒートする原因とは?対処法もチェック

更新日:2021.09.09

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

オーバーヒートは発生頻度の低いトラブルです。
しかし発生した時、その状態で走り続けるのは大変、危険です。
トラブルには遭遇しないことがベスト。
また遭遇した時は危険回避のための対処法が大切です。
オーバーヒートの原因や対処法、予防策を紹介します。

オーバーヒート状態の走行が危険な理由

オーバーヒートとは、車のエンジンが加熱状態であることを意味します。
ガソリンを燃焼させて動力を発生させる内燃機関のエンジンは始動すると高温になります。
高温のまま燃焼を続けるとエンジンの各パーツが異変を起こすため、冷却装置が備わっています。
ラジエターやウォーターポンプ、冷却水などですね。
冷却水はLLC(ロング・ライフ・クーラント)とも呼ばれています。

オーバーヒートはこれらの冷却装置が故障、または機能の限界を超えた時に発生します。
発生後、いきなりエンジンが壊れるということはありません。
冷却装置が壊れたり限界を超えたりするとLLCの温度は少しずつ上昇します。
上昇を察知した時に車を止めて対処すれば大事に至ることはありません。

しかし上昇に気がつかなかったり放置したまま走ったりすると最悪、エンジンが壊れます。
また水蒸気の白煙が上がって前が見えなくなったことで、大事故につながる場合もあります。
頻繁に起きるトラブルではありませんが、発生すると大問題になることを覚えておきましょう。

経年劣化で故障しやすくなる冷却装置

冷却装置はLLCを循環させるためにいくつものパーツが関わっています。
そのパーツ、どれかひとつでも故障するとオーバーヒートの原因となります。

たとえばラジエター。
循環するLLCを風で冷却するパーツですね。
ラジエター本体の故障は少ないものの、寿命は約10〜12年といわれています。
この寿命が近づいたらオーバーヒート予防策のひとつとして交換した方が無難です。

ラジエターキャップはLLCが沸騰しないように圧力をかけるパーツ。
大きな負荷がかかるため、寿命は短く5年程度です。
このパーツが劣化するとLLCが沸騰、ラジエター本体やゴムホースなどを破損させます。
それからウォーターポンプ。
LLCを動力で循環させるパーツで、故障すれば当然、オーバーヒートの原因になります。
またウォーターポンプ本体が故障しなくても他の原因で作動しなくなることもあります。
代表的な例がウォーターポンプを作動させるタイミングベルトやファンベルトの摩耗。
またLLCの劣化や容量不足なども原因につながります。
これらは経年劣化によって発生する故障原因。
パーツは故障していなくてもエンジンに過度な負荷をかけた時に起きる原因もあります。
山道などの下り坂、低速ギアで高回転走行を長く続けた場合が代表例。
オーバーヒートの症状が表れたら、速やかに安全な場所へ停車してください。

LLCの適正温度を表示する水温計

オーバーヒートの症状を察知するベストな方法は水温計で確認することです。
水温計はLLCの温度を表示するメーターで、水面に温度計が入ったマークが記されています。
メーター両端にC(Cool)とH(Hot)の文字があり、H近辺には赤いエリアがあります。

平常時、エンジンが温まるとメーターの針は中央よりややC寄りで止まります。
しかし、オーバーヒート気味になると針は中央よりH寄りになります。
冷却装置が問題を抱えて異常な状態になっている証拠ですね。

さらにオーバーヒートが進むとマークが赤くなる警告灯が点きます。
エンジンに過度な負荷をかけた状態であれば停車してエンジンを冷やせば元に戻ります。

ただし、すぐにエンジンは切らずアイドリング状態を保つこと。
エンジンを切るとウォーターポンプも止まり、LLCが循環しなくなります。

その他の症状を察知する方法としてはエンジンの異変があります。
エンジンは過熱状態になるとパワーが出ず、回転も安定しません。

またLLCが漏れていると熱で蒸発する時に甘い臭いがします。
「キンキン」とか「カンカン」といったノッキング音もオーバーヒートの症状。

冷却装置の故障によるオーバーヒートは応急処置が効きません。
大事に至る前に車を停め、ロードサービスなど専門業者を呼んだ方が安全を確保できます。

もっとも有効な対処法は専門業者による点検

オーバーヒートに遭遇しないための対処法は日頃のメンテナンスによる予防がベスト。
日常点検ではラジエターリザーバータンク内のLLCの量を確認してください。
FULLとLOWの目盛内であれば問題ありません。
著しく減っていたり汚れて黒ずんでいたりしたら冷却装置が故障している可能性があります。

冷却装置全般の点検は専門業者に任せましょう。
相当、車に詳しい人でも冷却装置の点検や劣化パーツの交換は困難です。
専門業者であれば定期点検や車検の際、必ず冷却装置全般のチェックを行います。
その時、劣化しているパーツがあれば交換を勧めてくれるはず。

ディーラーでも構いませんが、ウィークポイントはパーツ代や工賃が高いこと。
その点、民間の専門業者であれば安く済みます。
定期的な点検を依頼している専門業者であれば安心度も高まりますね。
オーバーヒートの不安は専門業者に取り除いてもらって、楽しいカーライフを送りましょう。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

スタッフ

田島和明(東大阪外環店 施工技術マネージャー)

一口にコーティングと言っても、運転頻度や駐車環境などによって『最適なコーティング』は異なります。
お車一台一台の状態に合わせて下処理を施し、施工後の環境も含め、お客様のカーライフに最適なコーティングを施工させて頂きます。

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報