全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

お役立ち情報

  • home>
  • お役立ち情報>
  • エアフィルター交換効果はある?交換しないとどうなる?

カーコーティングならジャバへ 詳しくはこちら

エアフィルター交換効果はある?交換しないとどうなる?

更新日:2020.09.02

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

ガソリンエンジンを搭載している車には、必ずエアフィルターが装備されています。
ハイブリッド仕様やディーゼルエンジンも例外ではありません。

エアフィルターは消耗品。
交換を怠ると車本来の性能を発揮できなくなります。
エアフィルターの機能と交換した時の効果について、説明しましょう。

エンジンの燃焼に空気は不可欠

ガソリンは空気と混合され、シリンダー内に送られます。
ここでピストンが混合気を圧縮し、点火プラグで爆発、燃焼させるわけですね。

ちなみにディーゼルは圧縮して加熱した空気に直接軽油を噴射させます。
燃焼はピストンを押し、クランクを回し、そしてタイヤへとパワーを伝えます。
ガソリンでも軽油でも、エンジンを動かすためには空気が不可欠なのです。

でも、大気中の空気には不純物が多く含まれています。
ホコリやチリ、花粉、その他いろいろ。
これらの不純物が燃料と一緒に送り込まれると、燃焼が正常に行われません。
最悪の場合、シリンダーやピストンのダメージを与えることもあります。

この危険性を回避するために装備されているのがエアフィルター。
取り込む空気をろ過する役割を担っています。
正常な燃焼に欠かせない装備ですね。

きれいな空気を取り込むために大気中の不純物をろ過しているのだから、汚れるのは当然。
どんなフィルターでも汚れを放置すれば機能が落ちます。

車も例外ではありません。
エアフィルターが汚れたままだと、車本来の持つ機能が正常に働かなくなります。

エアフィルターの汚れが燃費を悪化させる

燃料と空気の混合比は、それぞれのエンジンによって細かく定められています。
混合比が規定値からずれると、燃焼は正常に行われません。
エアフィルターを通して取り込まれる空気の量は、正確でなければならないのです。

しかし、ろ過した不純物が溜まれば当然、目詰まりします。
つまり空気の量が減るわけですね。
混合比で燃料の割合が多くなると燃焼が不完全になり、パワーが落ちます。

ドライバーは通常のパワーを引き出そうとアクセルを踏むため、燃費は悪くなる一方。
不完全燃焼が続くと、シリンダー内に煤・カーボンがどんどん溜まってしまいます。
カーボンはピストンの動きを阻害するので、さらにエンジンの負担が増えます。
こうなると完全に悪循環です。

エアフィルターの多くは、不織布やろ紙をヒダにした簡素な装備です。
しかし、エンジンを正常に動かすための大切な役割を担っているのです。

エアフィルターの適切な交換時期

通常、エアフィルターはフィルターボックス内に収容されています。
車種によって若干の違いはあるものの、本体の汚れは取り外さないと分かりません。

しかし、走行を続ければ確実に汚れるので、定期的に交換しましょう。
交換時期は2〜3万kmが一般的。
年間走行距離が1万km前後の人は、車検が最適の交換時期ですね。
未舗装路を走る機会が多い場合は砂ホコリを吸い込みやすいので、交換時期を早めた方が無難です。

なお、エアフィルターは使い切りの消耗品です。
純正品でもけっして高い価格ではないので、買い替えてください。
不織布を使った乾式はブロアーなどで汚れを飛ばせますが、耐久性は著しく劣化します。

エアフィルターにはオイルを塗布した湿式もあります。
こちらは洗浄できますが、専用キットとコツが必要です。

湿式はハイパフォーマンスを引き出すためのエアフィルター。
一般走行であれば乾式で十分役に立ちます。

ちなみにエアフィルターとエアコンフィルターは別ものです。
どちらも形状は似ていますが、装着する場所も目的も違います。
DIYで交換する際は間違えないようにしましょう。

交換のメリットはエンジンの安定性

燃費が悪くなる、エンジンパワーの不足が感じられる、などの不具合が発生した時の原因はいろいろあります。

たとえばタイヤの空気圧不足。
それからエンジンオイルの漏れや汚れ。
重い荷物を積みっぱなしにしていることも原因のひとつです。

燃費やパワー不足の原因が、必ずエアフィルターにあるとは言えません。
まして、定期的に交換しているなら他の原因を見つけることが先決です。

エアフィルターはあくまで車の性能を正常にするための装備。
交換したからといって劇的な効果が期待できるわけではありません。

むしろ、交換する前と大きな効果が感じられたら、それはメンテナンス不足。
次回からは早めに交換してくださいね。
交換による劇的な変化は得られなくても、エンジンの安定性を得ることができます。

燃焼はエンジンの根幹的な部分。
それが空気の取り込み不足によって不調になると、故障のリスクが広がります。
結果的に耐久性が悪くなり、売却時を早めることにもつながりますね。

常にクリーンな空気を取り込むことは、燃焼効率を向上させます。
丈夫なエンジンは下取りや買取りでも重要なポイント。
車の価値を高めるためにも、エアフィルターは定期的に交換しましょう。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報