全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

お役立ち情報

カーコーティングならジャバへ 詳しくはこちら

コーティングマツダ マツダのコーティング剤はどれがおすすめ?施工後の洗車やメンテナンス方法も大公開!

更新日:2018.06.22

↓マツダのコーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

キャロルやスピアーノのような軽自動車からデミオやロードスターといったファミリー向けの車、さらにはRX8やアクセラスポーツ、アテンザ、MPVなど様々なラインナップを持つマツダですが、そんなマツダの車はどのようなコーティング剤がおすすめなのでしょうか。気になると言った方なの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

さらに、コーティング剤を施工した後の洗車やメンテナンスの方法についてもいまいちよくわからないと言った方も多いことでしょう。

そこで今回は、マツダのコーティング剤には結局どれがおすすめなのかという内容や、施工後にどのような方法で洗車をすれば良いのか、そしてメンテナンス方法としてはどのようなものがあげられるのかというポイントについて徹底的に解説していきます。

マツダ車におすすめのガラスコーティング剤とは?

まず、マツダの車についておすすめのガラスコーティング剤ですが、基本的にある程度リーズナブルに施工できるものとしてスーパーガラスコーティングをお勧めします。

こちらはキャロルやフレアなど、またはスクラムワゴンなどのいわゆる軽自動車であれば4万円程度から施行することが可能となっており、もう少し車体が大きくなりロードスターやデミオになると4万5千円程度から施行することが可能となっています。

さらに、車体が少々大きめのMPVやビアンテなどになるとコーティングはおよそ6万5千円から7万円程度で施工することが可能となっています。

またこれよりガラスコーティング剤のランクを上げる場合は、ユナイトシールドガラスコーティングというガラスコーティング剤がおすすめです。こちらは軽自動車の場合およそ5万5千円から6万円程度で施工することが可能となっており、MPVやビアンテなどになると7万5千円から8万5千円程度で施工をすることが可能となっています。

最高級ランクのハイモースコートガラスコーティングの場合は軽自動車でおよそ8万円、MPVなどの車種になると10万円から15万円程度で施工をすることができるようになっています。

またどのコーティングの場合もそれぞれオプションを追加することが可能となっています。

ホイールをコーティングする場合は4本あたり1万5千円から、ヘッドライトのコーティングも同様に両目で1万5000円、外側をコーティングした際に室内も美しくということであれば3千円で室内清掃もお受けしております。

その他ウインドウ撥水コーティングは全面で1万円程度から、メッキモールコーティングについては1ヶ所あたり5千円からお受けしているなど様々なオプションを追加することも可能となっております。

まずは、私どもにどのような形でガラスコーティングをご希望されているのかお見積りをご依頼ください。ご予算やご希望の仕上がりに応じて私たちプロが最適なプランをご案内させていただきます。

マツダ車の正しい洗車方法とは?

そして、マツダの車については、どのような正しい洗車方法があるのかという部分ですが、これはマツダの車のみならずガラスコーティングを施工した車はひとまず施工後1~2ヶ月についてはあまり強い力でこすったり、むやみやたらに車体に手を触れたりはしないでおくというものがあります。

ガラスコーティングは、施工したその日に全てガラス被膜が完全に固まるということではなく、施工をしてから1ヶ月から2ヶ月程度の時間をかけてゆっくりとガラスが化学変化により硬くなっていくという特性があります。

そのため硬くなりかけている時に様々な刺激を与えると、ガラスコーティングが剥がれてしまうという可能性も十分に考えられます。そのようなことになってしまっては車体の仕上がりにムラができてしまいますので、できる限り避けたいところということになるわけです。

またガラス被膜については、強力に化学変化で圧着していますので、そう簡単に剥がれるということはありません。そのため自動洗車機などにかけても本来はほぼ問題はありません。

ただし、最近の自動洗車機はブラシに前の車の洗車時に付着した鉄粉や砂ホコリ、その他小石などが付着している可能性がありこれらが高速回転しているブラシと一緒に車体にぶつかることで細かい傷が全面に入ってしまうことが十分に考えられます。

このようなリスクを考えるのであれば、やはりガラスコーティングをしている車については手洗い洗車を行うのがベストということになります。

さらに、ご自分で洗車される場合は出来る限り炎天下での洗車を避けたり、洗車の順番などに関しても注意をしていただくとよろしいでしょう。

最も簡単な方法としてはガラスコーティングを施工したお店に1度お持ち込み頂きそこで洗車をご依頼いただくという方法があります。

その場合は、ガラスコーティングを施工したお店が直接洗車をすることになりますので、ガラスコーティングの皮膜がきちんと定着しているかどうかの点検もすることができますし、また熟練の技術でガラスコーティングをしている車もきれいに洗い上げることが可能です。

私どもの方で施工させて頂いたお車については、是非私どもまでお気軽に洗車をご依頼下さい。洗車をご依頼いただければガラスコーティングの皮膜の状況のチェックも併せて行わせていただきます。

メンテナンスでピカピカを長持ちさせよう!

そして、マツダの車についてはメンテナンスを行うことでピカピカな状態をある程度保つことも可能となっています。

メンテナンスの方法については様々なものがありますが、やはり定期的なカーシャンプーと汚れの除去という部分に集約されます。特に、汚れというのはあまりに長い期間車体についたままで放置してしまうと、皮脂膜を破り車の内部にまで到達してしまうことが考えられます。

塗装している部分まで汚れが到達してしまうと、それ以降に関しては汚れを落とすことが難しくなってしまいますので、出来る限り早い段階で汚れを除去するというのが何よりも重要なポイントとなります。

そして、汚れの種類によっても最適な汚れの除去の方法があります。例えば、水道水のカルキなどが固まってできてしまったウォータースポット、またはイオンデポジットと呼ばれるような汚れに関してはそれぞれ除去剤を使うことで対応可能ですし、虫の死骸及び油汚れ全般についてはこれも同様に専用の除去剤または最適な除去の方法が存在します。

そして鉄粉などの汚れについても、鉄粉除去剤などを使って慎重に落として行かなくてはなりません。これらについては、慣れていなければ少々難しく感じられるかもしれませんが、このようなメンテナンスをすることでより車を美しく保つことができるというわけです。

難しい場合や時間がないという場合には、是非一度ガラスコーティングを施工したお店までご相談下さい。私どもにご相談いただければすぐに適切な方法で汚れを除去し、またガラスコーティングの状況が問題ないかどうかも併せてチェックさせていただきます。

1番やってはいけないのは先ほどもご紹介しましたが汚れが落ちないからと言ってガソリンスタンドの全自動のブラシ洗車機にかけてガリガリと何度も汚れをこするような行動です。
このような方法を取ってしまうと、汚れが落ちるどころではなくコーティングまで落ちてしまう可能性があります。

そして、全面に小さな傷が入ってしまうと見た目が大変美しくない状態が出来上がってしまうことも考えられますので、手遅れになる前に一度私どもプロまでお車をお見せください。

まとめ

デミオやアテンザなど様々な幅広いカーラインナップを揃えているマツダ車ですが、メンテナンスについてはそれぞれて最適な方法を取る必要があるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

ガラスコーティング剤についてもいくつかの種類があり、ご予算やどこまでガラスコーティングを行うかといったご要望にもよって使用すべき液剤が変わるというのもおわかりいただけたかと思います。

このようにある程度細かい部分になるとプロにお任せいただいた方が時間的にもコスト的にも削減できるケースが多くありますので、まずは一度お車を私どもまでお見せください。

お見せいただければ最適なプランとご予算をご提案させていただき、その上で大事なお車を極上の仕上がりにさせていただきます。

また、これ以外にも日常お困りのことなどございましたら、どうぞ私どもまでお気軽にお問い合わせください。車に詳しくないとこういうお店には相談してはいけないのでは?というお客様もいらっしゃいますが、お車に詳しくないからこそいつでも私どもを頼ってください。

悩み続けていると手遅れになってしまうケースもありますし、決して簡単な質問だからといって軽く扱うようなことはありませんので、小さなケースでもお気軽にお問い合わせください。

↓マツダのコーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報