全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

ハイドロテックウルトラUV

HYDRO-TECH-UltraUV

ハイドロテックウルトラUV

業界初!超親水性コーティングの最高峰、ハイドロテックウルトラUV

業界最高レベルの超親水セルフクリーニング効果を実現!

大切な愛車をいつまでも美しく保ちたい。
愛車の塗装を外部の悪影響から強力に保護する為の最新ナノテクノロジーによる高性能 完全無機ガラスコーティング、それが「GFC ガラスファイバーコート・ハイドロテックウルトラUV」です。
施工後は超親水性を発揮するため雨で汚れが流れ落ちる「セルフクリーニング効果」が得られます。

イメージ

新素材「水性完全無機微粒子シリカ」採用

コーティングの効果

  • ● 水垢・汚れの固着を防止
  • ● コーティング被膜強度が大幅に向上
  • ● 酸化老化防止機能が飛躍的に向上
  • ● 超親水性による自己洗浄機能(セルフクリーニング)
  • ● 防汚効果向上、油汚れが簡単に取れる
  • ● 雨シミ、ウォータースポットが付きにくい
  • ● 紫外線から塗装を保護※紫外線吸収剤配合
  • ● 熱に強いコートを被膜(耐熱性能1000℃)
  • ● 塗装に優しい完全無機水性コート
  • ※ 水性完全無機コートは塗装に負荷を全く掛けません。

 

汚れとコート層の間に水が流れ込むことにより洗浄効果が得られます。

イメージ

超親水(接触角)試験データ

ガラスファイバーコート・ハイドロテックウルトラUVの自己洗浄機能(セルフクリーニング)を発揮する超親水性能を科学的に検証しました。

試験板(白板ガラス 50mmx50mm)を準備し、コーティング施工前(なにも塗布していない板ガラス)とコーティング施工後での水滴の接触角を計測しました。試験板にそれぞれ、3μℓの水を滴下し1 秒後に計測しました。結果は施工前の接触角 21.55 度、施工後の接触角 3.3 度という驚きの結果となりました。
使用装置:クルス社製(ドイツ)ドロップシェイプアナリシスシステム DSA10Mk2

イメージ

コーティング剤の表面解析写真

右の画像はコーティングの断面を電子顕微鏡(日本に2台しかない特殊な装置)で撮影しコンピュータでモニターしたデータです。

コーティング被膜には約10 ~ 15nm(ナノメートル)の針状凹凸(テクスチャー)が1μ㎡に約250 ~260 程あります。この針状凹凸が被膜の表面積を大きく広げる事になり、この広い表面積に大気中の湿度を吸着するコーティング被膜が超親水性能を発揮する仕組みになっています。
※この針状凹凸が不均一であることが親水性能を呈するためのコア技術の一つです。

イメージ

コーティング剤一覧はこちら

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報