全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

電話で問合せ072-970-5152

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ0120-00-2818

電話で問合せ072-970-5152

メールで問い合わせ

お役立ち情報

カーコーティングならジャバへ 詳しくはこちら

ツートンカラー車って何?デメリットはある?

更新日:2020.03.24

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

ボディカラーは車の個性を際立たせる大切な要素。最近、軽自動車を中心に派手なツートンカラーが増えてきました。遊び心いっぱいのツートンカラーは楽しい半面、デメリットもあります。その特徴や選び方を説明しましょう。

軽自動車はツートンカラーがブーム

ツートンとは2トーン、つまりボディカラーに2色調を使っている車のことです。最近の軽自動車はツートンカラーがブーム。パステルやビビッドに加え、高級感を出す色調もあります。

軽自動車がツートンカラーを多用するのはワケがあります。ひとつは車種の個性を明確に表現すること。たとえばスズキのハスラー。レジャーに特化したイメージのSUVで人気を集めている車種ですね。そのイメージに合わせて色もかなりポップ。若年層男性がレジャーで使うのにぴったりの雰囲気を出しています。

若年層女性をターゲットにしているのがダイハツのムーヴキャンパス。7パターンのツートンカラーを設定しています。ビビッドな色調ではなく、パステルカラーを多用しているのが特徴。キュートな外観に似合っています。

軽自動車は排気量とボディサイズが規格化されています。どの車種もすでに規格いっぱいまで使っているので、どうしても外観が似てしまいます。
機能や内装では差異化が図られています。加えて、外観でも色で違いを出すことがツートンカラーが増えているもうひとつの理由です。

スポーツカーは目立つツートンカラーの源流

その昔、ツートンカラーといえばスポーツカーが定番でした。たとえば初代フェアレディZ。定番といえば、ツヤ消し黒のボンネットですね。これは、ラリーやレースで使われたことがきっかけ。ボンネットからの光の反射を防ぐための仕様だったのです。

恰好だけでも真似たくなるのが、スポーツカーに乗るドライバーの心理。かくして、ツヤ消し黒のボンネットが一時、大流行しました。

同じような心理で流行ったツートンカラーが、トヨタのAE86、トレノとレビン。黒白のツートン、当初はパトカーのようで「カッコ悪い」と悪評でした。しかし、販売終了から9年後の1995年、黒白の86が登場するコミックで人気沸騰。現在でも中古車市場でプレミア価格がついています。

レースカーは目立ってこそ、その存在意義があります。その系統を引き継ぐスポーツカーが、ツートンカラーを採用するのは自然の流れでしょう。
ブガッティのヴェイロン。ルノーのメガーヌR.S.トロフィー。あるいはホンダのS660など。
現在でもツートンカラーを採用しているスポーツカーは数多くあります。

ツートンカラーのデメリット

車の個性を際立たせるツートンカラーですが、デメリットもあります。それは、長く乗っていると飽きること。とくにビビッドで派手なツートンカラーはこの傾向が顕著です。洋服や靴に例えると分かりやすいでしょう。見た目に派手な色調は映えるけれど、毎日着るのは抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

車も同じですね。
「休日しか乗らない」「遊びにしか使わない」という人であればツートンカラーはおすすめ。しかし毎日のように乗る人は、スタンダードなカラーを選んだ方が無難です。

派手なツートンカラーは下取りや買取りでもデメリットとなります。中古車市場で人気があるのはスタンダードな単色。個性的な色は買う人が限られているため、売れにくく在庫となりがちです。

同じ車種でも派手な色ほど値落ち感が強くなります。それでも軽自動車がツートンカラーを販売するのは、イメージを強めたいからですね。
新車でも中古車でも、実は単色系の方が売れているのです。

車を修理する時のリスクも考えておいた方がいいでしょう。たとえば傷がツートンカラーの両方に達していた時。単色の車の塗装より手間がかかるので、当然、修理費は高くなります。

ツートンカラーは見た目のインパクトがあります。
でも購入する際は、上記のようなデメリットやリスクも考慮してくださいね。

目立つツートンカラーだからこそいつもキレイに!

国産車で人気の色はホワイト、ブラック、それからシルバー。レッドやブルーなどのビビッドな色は意外に人気ありません。

ツートンカラーはそれよりも下。ボディの形は変わっても、ボディ色の人気は普遍的です。この状況下でツートンカラーの車を持つのは、かなり勇気がいりますね。派手な色調は、都市圏でも自然の中でも注目されること、確実です。その分、いつもピカピカにしていなければなりません。派手な色調が汚れていると、チープな雰囲気になるからです。ツートンカラーで個性を際立たせるなら、常に洗車しましょう。

その手間を少しでも省きたいなら、プロのカーコーティングがおすすめ。新車だけでなく経年車でも効果を発揮します。ツヤのある輝きと同時に、洗車もサッと水洗いだけでピカピカの状態になり、ツートンカラーの鮮やかな色調を取り戻せます。

これは、単色ボディも同じです。ホワイトやブラックが人気なのは高級感があるから。
しかし、これらの色はシルバーやグレーに比べて汚れが目立つのです。せっかくの高級感もホコリまみれになれば台なし。
プロによるカーコーティングで高級感を長く保ってください。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報