全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

お役立ち情報

  • home>
  • お役立ち情報>
  • 車のボディカバーは必要?どんな効果が期待できる?

車のボディカバーは必要?どんな効果が期待できる?

更新日:2019.10.30

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

車を守るためのアイテムとして、ボディカバーがあります。ボディカバーで車を覆うことで、汚れや衝撃などから保護でき、愛車を守ることにつながります。

では実際のところ、車にボディカバーは必要なのでしょうか?
今回は、車のボディカバーにどんな効果が期待できるのか、メリットやデメリットについて紹介します。
メリットとデメリットの両方を把握し、自分にとって必要かどうかを判断しましょう。

車のボディカバーに期待できる効果

効果としては、やはり車を保護できるというのが1番です。ボディカバーで覆うことで、雨やホコリ、潮風、直射日光などから守られるため、車へのダメージを減らせます。花粉の時期なら花粉もシャットアウトできるため、花粉によるシミなどの軽減も期待できます。

このように、基本的には車をダメージから守るためのアイテムですが、思わぬ効果も持っています。それが盗難防止です。ボディカバーを使うことで、車内の様子が見えなくなるため、盗難や車上荒らしの予防になるのです。

車に必ずボディカバーをしているということは、それだけ大切に扱っているということでもありますので「防犯意識も高いだろう」と思わせることもできます。ただダメージから守るだけでなく、トラブル防止にもつながるのです。

一方でデメリットですが、ボディカバーをかける時に摩擦で傷が付いてしまうことがある、毎回ボディカバーをかけるのが面倒という問題があります。毎日車に乗られる方の場合、その度にボディカバーの着脱をしなければならず、面倒になって結局使わなくなるという方もいます。

こうしたデメリットも含めて、ボディカバーを使うのが良いかどうかを考えましょう。

車のボディカバーの付け方は?

車にボディカバーを付ける時は、まずカバーをフロント部分に乗せます。次にフロントからルーフに向かってカバーを広げ、そのままリア部分まで広げていきましょう。その後は両サイドを覆うようにカバーを広げていき、車全体にカバーがかかったら、最後にベルトを閉めて固定します。
これでボディカバーは付けられるはずです。

作業自体はそれほど難しくなく、誰でも簡単に付けられるようにできています。
着脱の面倒はあるものの、最小限の作業で使えるようになっていますので、付け方で苦労することはないでしょう。

車のボディカバーによる傷とは?

ボディカバーの着脱時に気を付けたいのが、摩擦による傷です。ボディカバーを着脱する時は、どうしても車とボディカバーが擦れてしまいます。
この時、小さな傷が付いてしまう可能性があるので、作業は慎重に行いましょう。

もちろんボディカバーを使うことで必ず傷が付くわけではありません。傷が付くこともあるのだということを意識し、丁寧に着脱作業をすれば傷が付くこともほぼないでしょう。

特に車に砂やホコリなどの汚れが付いている時は、カバーとの摩擦で傷が付きやすくなっています。車の汚れがひどい場合は、事前に洗車し、よく乾かしてからボディカバーを付けるのも良いでしょう。

車のボディカバーは台風の時にも使えるのか?

台風時は強い雨と強風により、車へのダメージも大きくなります。台風が来たらボディカバーを付けるというのは良い方法なのですが、注意点もあります。

ボディカバーは基本的に、車が乾燥した状態でないと使えません。濡れた状態でボディカバーをかけてしまうと、中の湿気が多くなり、車に悪影響を与えるからです。

そのため台風で雨が降り始めてからではなく、その前にボディカバーを付ける必要があります。台風が発生し雨が降りそうなら、その前にボディカバーを付けておきましょう。

洗車直後や雨が降っている時など、車が濡れている状態ではボディカバーを付けないことが大切です。同様にコーティング直後なども、完全に乾燥するまでボディカバーは付けないようにしましょう。

車のボディカバーの寿命はどのくらい?

車のボディカバーの寿命はどのくらいなのでしょうか?これは使用状況や、購入したボディカバーの品質によっても変わるため、一概には言えません。

ただ、一般的に屋内での保管であれば4年ほど、屋外での保管であれば2年ほどは使えるとされています。この数字を寿命の目安としつつ、ボディカバーの状態をチェックしながら見極めることになるでしょう。

たとえば屋内保管で使用していて、4年経過していなくても破れている部分があったりするなど、問題があるなら寿命だと考えた方が良いかもしれません。

愛車を保護できていないのであれば、そこが替え時と言えます。2年から4年は使えるというのを基本に、あとはこまめに状態をチェックしてあげましょう。

まとめ

ボディカバーは愛車を保護するのに適してアイテムです。着脱が面倒だったり、費用がかかるといったデメリットもありますが、メリットもあるので効果的に活用しましょう。特に傷や汚れから保護できるというのは、ありがたい効果です。

ボディカバーを付けることで、愛車を長く綺麗な状態に保てます。注意点も把握しつつ、ボディカバーを上手に利用しましょう。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報