全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

お役立ち情報

  • home>
  • お役立ち情報>
  • 鉄粉除去スプレーをコーティング前におすすめする理由

鉄粉除去スプレーをコーティング前におすすめする理由

更新日:2019.02.25

鉄粉除去スプレーをコーティング前におすすめする理由 イメージ写真

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

いつもきれいに洗車しているはずなのになぜか表面がザラザラしている、そんな場合は鉄粉が原因の可能性があります。
鉄粉は交通量の多い場所や工場の近く、線路沿いなどで空気中に舞っているため、付着させない方法はありません。
ですが、ついた汚れをそのままにしておくわけにもいきませんよね。
そこで、このやっかいな鉄粉を取り除く方法を見ていきましょう。

鉄粉除去にスプレーをおすすめする理由

鉄粉を除去する方法はいくつかありますがその中でもスプレータイプがおすすめです。

・鉄粉を除去する方法
鉄粉は普通に洗車をするだけでは、きれいに取り除くことはできません。
取り除くには、専用のクリーナーを使わなくては効果がないのです。
クリーナーには、鉄粉除去スプレーや鉄粉除去粘土、鉄粉除去ラバーパット、鉄粉除去ラバークロスなどがあります。

・鉄粉除去スプレーのメリット・デメリット
これだけの種類の鉄粉除去クリーナーがあると、どれを使っていいか迷ってしまうでしょう。
ですが、この中でどれか一つをおすすめするとなると、断然鉄粉除去スプレーです。
なぜなら、スプレー以外のクリーナーは物理的にこすって鉄粉を取り除くものなので、車のボディーに少なからずも傷がついてしまうからです。
そのうえ、スプレーは作業が簡単なので、鉄粉除去クリーナーの中ではとくにおおすすめなのです。

ただし、スプレーにもデメリットはあります。
それは鉄粉を取り除く力が弱いため、スプレーだけでは落とせない鉄粉があることです。
ですから、普段の洗車には鉄粉除去スプレーを使い、半年~1年に1回程度鉄粉除去粘土などを併せて使うといいでしょう。
プロの中には、不慣れな人は鉄粉除粘土を使わないほうがいいと言う方もおられるぐらいですから、傷をつけないように慎重に行いましょう。

鉄粉除去スプレーの使い方

ここでは、鉄粉除去スプレーの使い方を説明します。

・洗車をして鉄粉の場所を確かめる
鉄粉除去スプレーを使う前に、まずは普通に洗車をしましょう。
車の泥汚れなどをしっかり洗い流してから、車に触ってみてください。
ザラザラしたところがあれば、そこが鉄粉のついている部分です。

・スプレーをする
次に、鉄粉がついているところに15~20㎝ほど離してスプレーします。
そのまま数分待つのですが、待ち時間は使用するスプレーの説明書の内容を守ってください。
時間がたつと、スプレーが鉄粉と反応して紫色に変わります。

・洗い流す
後は、ホースや高圧洗浄機を使って水をかけ、しっかり鉄粉を洗い流します。
このとき、スポンジやタオルを使うとボディーに傷がついてしまうので、使わないようにしてください。
鉄粉が残っていないかボディーをなでて確認し、スプレーもボディーに残らないようきれいに洗車をしてからタオルなどで水分をしっかりふき取ります。

・スプレーを使用する際の注意点
スプレーをしてから長時間放っておくと、しみになったり塗装を痛めてしまったりする場合もあります。
ですから、車全体に一度にスプレーせずに、1パネルごとに作業を行うといいでしょう。
また、スプレーが乾いてしまうとしみだらけになってしまいますから、炎天下での作業は避けてください。

また、スプレーにも対応色が決まっているものもありますから、車の塗装色にあわせたものを選びましょう。
中には鉄粉除去スプレーが使えない塗装の車もありますから、事前にディーラーや洗車業者などに確認しておいてください。
その他、鉄粉除去スプレーにはボディー用とホイール用がありますから、間違えないようにしましょう。

鉄粉除去スプレーはコーティング前に

鉄粉除去スプレーによる鉄粉除去は、スプレーをして数分待ち、水で洗い流すだけという比較的簡単な作業です。
ですが、そういった作業でも軽減できるものなら軽減したいですよね。
そんな方は、コーティングをするといいでしょう。
コーティングをすると鉄粉が付着しにくくなりますし、鉄粉がついても落としやすくなるのです。

ただし、コーティングの効果は下地処理の状況によって大きく変わりますので、コーティングをする前に鉄粉の除去を行っておくことが大切です。
このタイミングに鉄粉除去スプレーを使用をおすすめします。
できれば粘土も使って完璧に鉄粉を落としておいた方がいいのですが、傷を付けてしまいそうで不安な場合はコーティング業者に相談してみてください。

鉄粉は、ボディーだけでなくホイールにも同じように付着します。
特に輸入車の場合はブレーキダストによるホイールの鉄粉汚れが多くなる傾向があるので、鉄粉がこびりつきやすくなるのです。
そういった車に乗っておられる方は、ホイールコーティングを検討してみてもいいでしょう。
その際も、ホイール用の鉄粉除去スプレーを使用して下地の状態を最良にしておいてください。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

お申し込み・お見積もり