全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

お役立ち情報

  • home>
  • お役立ち情報>
  • 車のガラスの掃除方法【内側・外側】別にまとめました!

車のガラスの掃除方法【内側・外側】別にまとめました!

更新日:2019.02.11

車のガラスの掃除方法【内側・外側】別にまとめました! イメージ写真

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

車のガラスが汚れていると、見た目が悪いだけでなく走行中にも問題が出てきます。

特にフロントガラスが汚れている場合には夜間の運転の際、対向車のライトがギラギラして視界が悪くなるなど安全に走行できなくなります。
一度ついたガラスの汚れは案外落ちにくいものです。
いくら拭いてもきれいにならずに困っている人も少なくないと思います。
そこで、今回は車のガラスの効果的な掃除方法をご紹介します。

車のガラス掃除の方法

車のガラス掃除をする時に気を付けなくてはいけないのは、内側と外側では付着する汚れが違うということです。
車の外側には泥や鳥の糞、油膜汚れなどが付きやすく、内側にはごみやほこり、手垢、タバコを吸う場合はヤニの汚れなどが付着しやすくなっています。
車の内側と外側で洗い方が違うのは、もちろん車内にホースで水をかけるわけにはいかないという物理的な要因もありますが、汚れの違いも関係しているのです。
また、ガラス掃除の際には力を入れ過ぎないようにしてください。
特にリアウインドウに入った熱線やフィルムアンテナの部分は、力を入れすぎると痛めてしまう場合があるので、線に沿って軽く拭く程度にしておきましょう。ただ、乾拭きはしっかり行わないとスジが残ってしまいます。
他に、ガラス掃除を行う日の選び方としてとして、真夏日や乾燥気味の日を避けるというものがあります。
でなければ、拭きとる前に水が乾燥してしまい、スジや水垢になってしまうことがあります。
とくに、夏場は曇りの日や朝、夕方などに洗車を行いましょう。

では、実際にガラス掃除を外側と内側別にご紹介します。

車のガラス掃除(外側編)

ガラスの外側の汚れは、ワックスや排気ガスなどの油性のものが多くなります。
もちろん、空気中の砂やほこりといった水性の汚れも付着しますから、まず水性汚れを落としてから油性汚れを落とすことが重要です。

・水性の汚れの落とし方
まず、ホースや高圧洗浄機で水をかけほこりや砂などを洗い落とします。
ガラスの上から下にかけて、たっぷりの水で洗い流してください。
ここで、きちんとほこりや砂を落としておかないと、あとで拭いた際にガラスに傷ができてしまいますから、手を抜かずにしっかりと洗い流しましょう。
夏場や走行後すぐの洗車の場合には、車を冷やすためにも水をたっぷりかけます。
その後、水で濡らしたタオルでガラスを拭いてください。
次に、カーシャンプーでガラスを洗います。
実際に洗車をする時は、ボディーとまとめて行っても構いません。
洗い終えたら、すすぎ残しがないようにしっかりと水やぬるま湯で洗い流してください。

・油性の汚れの落とし方
ガラスの外側の油性汚れは、油膜除去剤やエタノールなどを使って落とします。
油膜除去剤にはクロスタイプ、パッドタイプ、乳液タイプなどがあり、それぞれ特徴や使い方が異なりますから注意してください。
雨ジミや水垢専用のクリーナーもありますから、油膜除去剤では落ちない頑固な汚れがある場合はそれを使うのもいいでしょう。

・ワイパーを忘れずに
せっかくガラスを綺麗にしてもワイパーが汚れていたのでは意味がありません。
ワイパーを使うたびに汚れが広がったりしないように、きちんと掃除をしておきましょう。
ワイパーは、キッチンペーパーを使って拭き取るだけで油分まできれいになりますから試してみてください。

車のガラス掃除(内側編)

ガラスの内側の汚れは水性のものが多いので比較的水で落としやすいのですが、油性の汚れもないわけではありません。
気になった時には油性の汚れも落としておきましょう。
また、内側は特に縁や下部に拭き残しが出る場合が多いので特に意識してください。

・水性の汚れの落とし方
まずは、水に濡らしたタオルなどでガラスを拭きますが、この時におすすめなのがマイクロファイバータオルです。
ただ、あまりに安いものだと拭いた後に細かい繊維が付着してしまうことがあるので、500円前後のものを使用するといいでしょう。
一度に広範囲を拭こうとすると拭き残しが出やすいので、ブロックに分けて縦横に拭き上げます。
全体をキレイに拭けたらすぐに乾いたタオルで乾拭きします。

・油性の汚れの落とし方
水性の汚れを落としたら、アルコールやガラスクリーナーを使用して油性の汚れを落としていきます。タオルにアルコールやガラスクリーナーをつけて、水性汚れの時と同じくブロックに分けて拭いていきましょう。
終わったら綿タオルで乾拭きします。

まとめ

ここまで車のガラス掃除の方法をご紹介してきましたが、自分でやるには想像以上に時間と労力がかかります。
洗車が好き、という人もおられるでしょうけれど、もっと簡単に洗車ができればいいのに、と思っている人も少なくないでしょう。

そういった人におすすめなのがカーコーティングです。カーコーティングをすれば汚れがつくのを防ぐことが出来ますし、汚れがついても落ちやすくなり、水だけの洗車で十分きれいになります。
また、それだけでなくカーコーティングにはボディーの塗装の保護や変色の防止、車の見た目を良くするといった効果もあるんです。
ガラス掃除や洗車の手間をはぶきたい人は、専門店でのカーコーティングも検討してみてください。

↓コーティングするならジャバへ↓
https://www.java-style.com/

お申し込み・お見積もり