全国30店舗営業中!ガラスコーティング・洗車のことならジャバにお任せください。

最短1分!!お申し込みお見積もり

お役立ち情報

  • home>
  • お役立ち情報>
  • 車は水洗いだけでも大丈夫?方法やスポンジを変えてみよう!

車は水洗いだけでも大丈夫?方法やスポンジを変えてみよう!

更新日:2019.01.10

洗車 イメージ

↓洗車サービスならジャバへ↓
https://www.java-style.com/car-wash/

車を大事にしている方は定期的に洗車をする方が多い傾向にあります。
洗車の方法は人それぞれですが、車は水洗いをするだけでもキレイになるのでしょうか?
ここでは失敗しない洗車の方法を解説します。
効果的な水洗いの仕方やスポンジの使い方も説明していきます。

車を水洗いする大切さ

車を定期的に水洗いすることはとても大切です。
コーティング剤が塗布されている車であれば水洗いをするだけで、ボディの輝きが戻ります。
もし、こまめに水洗いをせずに放置しておくと、汚れが蓄積されていきボディがくすんで見えてしまうこともあります。
しかし、実際には水洗いをすることによって、塗装やコーティング剤を長持ちさせることが可能です。
たとえば虫が付いたり鳥の糞が付いたりすると、コーティング剤が弱くなってしまうことがあります。
汚れが付着した部分だけ成分が侵食しコーティング剤が剥げたようになり、他の部分と色が変わることがあるのです。
そのため、ついた汚れはすぐに落とすことが肝心です。
水洗いはとても簡単で、水やスポンジがあれば出来るのがメリットです。
時間もあまり必要ではないですし、道具も少なくて済みます。
カーシャンプーを用意して、泡立てたりしなくてもよいのは助かりますね。
手軽に出来る車の水洗いは、まめにしていきたい車のメンテナンスの1つです。

車は水洗いだけでは汚れが落としきれない!

では、実際に洗車をする時に水洗いだけで十分なのか?
結論から言うと、水洗いだけではキレイな状態を保つのは難しいでしょう。
時々は水洗い以外にも、シャンプーを使った洗車をすることをおすすめします。
水洗いだけでは、どうしても鉄粉などの金属や異物汚れは落ちません。
その際には、カーシャンプーなどを使った洗車をして落とす必要があります。
特に線路沿いや、工場地域の近くを走ったり停車したりが多い車は鉄粉が付着しやすいので注意が必要です。
効率よく鉄粉を落とすために、鉄粉除去剤を使うのもひとつの手です。
鉄粉除去剤は、コーティング剤や塗装の中に入り込んだ鉄粉をきれいに取り出してくれます。
鉄粉除去剤には粘土のようなタイプやスポンジタイプ、そしてクロスタイプがあります。
鉄粉がどのような状態になっているかで選んで下さい。
他にも鉄粉を溶かすシャンプータイプの洗剤や、スプレータイプの除去剤があります。

車の水洗いにはスポンジを上手に使おう

水洗い用のスポンジは種類がたくさんあり、形状や素材もメーカーごとに異なります。
手のひらより一回り大きめの、長方形タイプのスポンジを選ぶと使いやすいでしょう。
平面はもちろん、角などもうまく使って細部までまんべんなく掃除することができます。
スポンジで水洗いをするときには、同じ方向にスポンジを動かすようにして下さい。
家の掃除をする時に、円を描きながらスポンジを使うことがあります。
車のボディに同じようにすると、傷が付きやすくなるので避けるべきです。
動かし方としては、円ではなく直線方向にスポンジを動かすようにしましょう。
スポンジを使う前には車体にたっぷりと水をかけて、最初に汚れを落としておくこともコツです。
スポンジでこすることによってボディに傷が付きやすい塵や砂などをしっかり落としておけば、多少こすっても問題ありません。
ボディにくぼみがある箇所は汚れが溜まりやすく、スポンジでなでただけではとれず、汚れが付着しやすくなっている部分です。
段差がある所は少し力を入れ、他の箇所よりも何往復か余分にして、しっかりと洗い上げるようにしましょう。
天井のルーフレールの部分も気を付けなくてはなりません。
水垢やほこりが溜まりやすくなる場所ですから、スポンジで丁寧に洗っていきます。
ドアを開けた足下の部分なども見落としがちですから、スポンジを使って取り除くようにしましょう。

失敗しない車の水洗い方法を紹介

洗車は大変だけど水洗いなら定期的にできる!という人は、下記の2つのポイントを覚えておくと失敗しません。

●強風の日は水洗いしない
●炎天下の水洗いはNG

強風の日は塵が飛んできて、せっかく水洗いをしてもすぐに、汚れが付着してしまいます。
また、黄砂や光化学スモッグなどの大気汚染物質も強風によって運ばれてくる可能性がありますので、できるだけ風のない穏やかな日を選ぶとよいでしょう。

同様に、炎天下で水洗いをすると、ウォータースポットが出来る可能性があります。
しっかり拭き上げればいいのですが、炎天下の場合は水を流して拭くまでの間に水玉に太陽の光が集中して塗装が焼けてしまい、跡が付いてしまうのです。
せっかく車をきれいにするための洗車が、逆効果になってしまうので気を付けてくださいね。
風が無い、少し曇ったくらいの日が水洗いには向いていると言えます。

水洗いをする前には、最初にボディにたっぷりと水を掛けます。
この作業はボディに付着しているほこりなどを落としていくだけでなく、ボディの熱を冷まして洗車をしやすくする効果があります。
屋根部分から汚れを落としていき、徐々に下へと移っていきましょう。
スポンジできれいに掃除した後は、クロスを使って水滴を拭きとってください。
拭きとりにはマイクロファイバーのクロスが吸水率が高く使いやすいのでおすすめです。

まとめ

車は水洗いを定期的にするとキレイになります。
ですが、時々はシャンプーや鉄粉除去剤などを使って、本格的な洗車も行うことが重要です。
また洗車をするときは、少し大きめのスポンジを使うと、効率よく水洗いをしていけます。
風が強い日や炎天下の状態では水洗いをしないようにしたいですね。

当店では、ゆったりした専用のスペースで、水洗いも洗車もしやすいのが特徴です。
ぜひ、洗車は当店をご利用ください!

↓洗車サービスならジャバへ↓
https://www.java-style.com/car-wash/

お申し込み・お見積もり

採用・求人情報